筑波大学人文地理学分野

筑波大学人文地理学分野


【報告】ISSR 36th Conference(2021年7月12日~7月15日)

国際宗教社会学会第36回大会(International Society for the Sociology of Religion 36th Conference)が開催され,本分野所属の学生が発表しました。

  • 期日:2021年7月12日(月)~7月15日(木)
  • 会場:オンライン開催
  •  
  • 【口頭発表】
  • Kawazoe, W.(JSPS Research Fellow, Graduate Student, Univ. of Tsukuba)"Social Roles of Religious Activities in Everyday Life of Oversea Japanese: Case study from Protestant Churches in Gyeonggi Region, Republic of Korea."

【報告】久保倫子先生が令和3年度文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞(2021年4月8日)

本分野教員の久保倫子先生が,令和3年度文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞されました。

  • 【業績名】
  • 現代都市空間の構造変容と居住問題解決に向けた地理学的研究

  • 詳細はこちら受賞決定についてのお知らせ受賞者一覧


    令和三年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞(「現代都市空間の構造変容と居住問題の解決に向けた地理学的研究」)および筑波大学若手教員奨励賞を、4月14日付でいただきました。

    ご指導いただきました、田林 明名誉教授をはじめとする筑波大学の恩師の方々、大学院生時代から共同研究の機会をくださった広島大学の由井義通先生をはじめとする都市地理学の先生方、岐阜大学時代に大変お世話になった阿部和俊先生をはじめとする中京圏の研究者の方々、国際学会で刺激的な議論を行ってきたカナダ、アメリカ、スペイン、ロシアなどの都市研究者、そして調査研究にご協力くださった多くの皆様のお陰でこれまでの研究成果を生み出すことができ、表彰いただくことができました。心より感謝申し上げます。

    本賞に推薦いただきました、本学の生命環境系および村山祐司名誉教授にも、改めて御礼申し上げます。

    これまでの都市地理学における私の研究業績を、科学技術分野のなかで評価いただけたことは大変有難く、また地理学研究への社会的・学問的な期待の大きさを改めて認識する機会となりました。今後も、これまで以上に学際的・国際的に研究成果を発信するとともに、現代都市の居住問題の解決に向けて実践的な研究活動も発展させていきたいと思います。 私は常に「学問に真摯であること」を第一に生活してきましたが、これからも変わらぬ姿勢で研究に打ち込めるよう、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

    2021年6月14日 久保倫子


【報告】2021年度新入生を迎えました(2021年4月5日)

以下の新入生が、筑波大学大学院人文地理学分野に入学しました!

  • ◆博士後期課程◆
  •   中山 玲
  •   Mao Yaqian
  •   黄 天楽
  • ◆博士前期課程◆
  •   大沼 勇斗 
  •   柿沼 由樹
  •   佐々木 悠理
  •   清水 友輝
  •   陳 書誼
  •   𠮷野 広人
  •   肖 錦萍
  •   WU SIGALA

ご入学おめでとうございます!


過去のイベント

過去のイベントは以下で閲覧できます。
※過去様式注意