筑波大学筑波大学
HOME 分野紹介 スタッフ 院生紹介 活動記録 お知らせ リンク

HOME > 教員・スタッフ紹介

教員・スタッフ紹介

呉羽 正昭(KUREHA Masaaki)
堤 純(TSUTSUMI Jun)
山下 亜紀郎(YAMASHITA Akio)


  
呉羽 正昭
名前 呉羽 正昭(KUREHA Masaaki)
所属 筑波大学生命環境系・教授 Dr.Phil
専門領域 観光地理学 農村地理学 ヨーロッパ地誌学
研究テーマ スキーリゾートの盛衰 山岳地域と農村地域のツーリズム
主なフィールド 日本 ヨーロッパ
主な所属学会 日本地理学会 人文地理学会 日本スキー学会
居室 総合研究棟A313
電話番号 029-853-4401
メール アドレス画像
近年の主な研究業績
メッセージ

地誌学regional geography分野ではフィールドワークに基づいて,都市や農村,さらには観光地域,水利用空間の地域的特徴や秩序を多面的に解明しようとしています。そのフィールドは日本のみならず,ヨーロッパやオーストラリア,南アメリカなどにも及んでいます。地誌学分野で,さまざまなスケールの地域でフィールドワークを楽しんでみませんか。


堤 純
名前 堤 純(TSUTSUMI Jun)
所属 筑波大学生命環境系・教授 博士(理学)
専門領域 オーストラリア地誌,都市地理学,GIS
研究テーマ オーストラリア地誌,都市(圏)構造,多文化都市社会,土地利用ほか
主なフィールド オーストラリア 日本
主な所属学会 日本地理学会 オーストラリア学会 ほか
居室 総合研究棟A314
電話番号 029-853-4398
メール アドレス画像
近年の主な研究業績
メッセージ

かれこれ20年近く,オーストラリアに興味をもって研究をしています。都市も農村も,さらには食文化もワインもワーホリにも興味をもって,何度も足繁くフィールドに通ってじっくり調査して,さまざまな切り口から現代のオーストラリアを地誌学的に分析しています。また,近年では,1990年代,2000年代に発表した都市地理学的なテーマの論文や本(私の修論や博論の一部)が他の地理学者に引用される機会が増えてきている気がしています。このあたりで,もう一度,都市地理学的なテーマに回帰してもいいかなと思いつつある今日この頃です。「楽しい地理学」をモットーに,今後も研究・教育に務めたいと思います!


山下 亜紀郎
名前 山下 亜紀郎(YAMASHITA Akio)
所属 筑波大学生命環境系・助教 博士(理学)
専門領域 地理学 環境学 地理情報システム(GIS)
研究テーマ 都市の水環境 流域の水需給
主なフィールド 日本の流域 アジアの大都市
主な所属学会 日本地理学会 人文地理学会 東京地学協会 地理情報システム学会ほか
居室 総合研究棟A312
電話番号 029-853-4306
メール アドレス画像
近年の主な研究業績
  • Yamashita, A., Hata, T. 2021. Sustainability of Irrigation Fruit Farming in Terms of Water Supply-demand Situation: Case Study of the Middle Basin of São Francisco River, Northeast Brazil. Geographical review of Japan series B, 94, 1-17.
  • 山下亜紀郎・駒木伸比古・兼子 純・山元貴継・橋本暁子・李 虎相・全 志英 2020. 韓国梁山市における土地利用からみた新旧市街地の地域特性比較. GIS―理論と応用,28,71-77.
  • 山下亜紀郎・山元貴継・兼子 純・駒木伸比古・李 虎相・橋本暁子 2020.韓国の地方都市における業種構成と景観形成からみた中心商業地の変容―忠清南道・公州市の事例―.都市地理学,15,140-151.
  • 山下亜紀郎 2019.メッシュデータを用いた流域環境解析—土地利用と水需給に着目して—.環境科学会誌,32-2,36-45.
  • 山下亜紀郎・羽田 司 2018.ブラジル北東部サンフランシスコ川中流域における日系入植者の社会経済特性の変遷.地理空間,11(2),129-144.
  • 山下亜紀郎 2018. 韓国公州市における済民川の景観変化と地域活性化.地理空間,10,247-257.
  • Murayama, Y., Kamusoko, C., Yamashita, A., Estoque, R.C. 2017 『Urban Development in Asia and Africa』 Springer.
  • 山下亜紀郎 2016.土地利用でみるアジアの都市化と自然環境.筑波大学出版会.
  • 山下亜紀郎 2015.水環境問題の地域的諸相.古今書院.
  • 山下亜紀郎 2013.水需給ポテンシャルの変化からみた日本の一級水系流域の地域的傾向.GIS―理論と応用,21,107-113.
  • 山下亜紀郎 2013.東京の都市用水利用の変遷―水源としての表流水と地下水に着目して―.地学雑誌,122,1039-1055.
  • 山下亜紀郎・谷口智雅 2012.天空率・占空率からみたソウル市清渓川における水辺空間の特性.地理空間,5; 43-52.
  • 山下亜紀郎 2011.松本盆地における山麓地域の社会特性と防災施策.環境情報科学,40-3,72-80.
  • Akio Yamashita 2011. "Comparative Analysis on Land Use Distributions and Their Changes in Asian Mega Cities" in Makoto Taniguchi ed. Groundwater and Subsurface Environments: Human Impacts in Asian Coastal Cities, Springer, 61-81.
メッセージ

都市における河川や湖沼,用水路などの水環境と人間の生活との関わりに特に関心があります。また,人と水との関係を論じる上で「流域」という地域的単位に着目し,GISと自然的・人文社会的な様々なデジタルデータを駆使した空間的,定量的な流域解析も行っています。


Copyright (C) 2007-2011 Regional geography, Institute of Life and Environmental Sciences, All rights reserved.
omo