筑波大学筑波大学
HOME 分野紹介 スタッフ 院生紹介 活動記録 お知らせ リンク

HOME院生紹介 > 中川 紗智

院生紹介 (一覧へ戻る)

名前 中川 紗智(NAKAGAWA Sachi) 学年 D2
出身大学 筑波大学人文・文化学群人文学類
専門領域  
研究テーマ  
主なフィールド  
主な所属学会 地理空間学会
メール アドレス画像
主な研究業績

―研究報告書―

  • 橋爪孝介・中川紗智・金子紗恵・周 安琪・劉 斐・呂 暁凱 2017.飯山市本町商店街における商店経営の特徴と活性化の取り組み ―北陸新幹線開通との関係に着目して―.地域研究年報,39,193-213.
  • 髙橋 淳・中川紗智 2014. 近代期の神奈川県津久井郡青根村における木炭生産と流通. 歴史地理学野外研究, 16, 43-51.
  • 髙橋 淳・中川紗智・花木宏直 2014. 柳川数一郎「日記書契」について. 歴史地理学野外研究, 16, 53-62.
  • 小口千明・髙橋 淳・上形智香・新宮千尋・中川紗智 2014. 茨城県つくば市谷田部市街にみる往年のにぎわい. 歴史地理学野外研究, 16, 63-97.
  • 福井一喜・神 文也・渡邊瑛季・周 軼飛・薛 琦・中川 紗智・市川康夫・山下清海 2014.需給チャネルからみた首都圏外縁部中心市街地の商業特性.地域研究年報,36,1-34.

―研究発表―

  • 中川紗智・小泉茜彩子・鄭映秋・菅原考史・万毅・池田真利子 2017.地方都市の都市機能に果たす盛り場の役割-茨城県土浦市を事例として-.日本地理学会2017年秋季学術大会(於:三重大学上浜キャンパス)
  • 中川紗智 2016.戦後期における盛り場としての横浜の特性.日本地理学会2016年秋季学術大会(於:東北大学川内北キャンパス)
  • 中川紗智 2013.近現代における明延鉱山町の変容.第6回地理空間学会大会(ポスター発表)(於:筑波大学)

―学位論文―

  • 中川紗智 2013.近現代における鉱山町の変容―明延鉱山を中心に―.(筑波大学人文・文化学群人文学類卒業論文)
自己紹介

知らない町を一人でフラフラさまようのが好きです。敢えて地図を持たずに出かけ、迷 子になるのを楽しんだりします。これまでに世界14か国で迷子になりました。 大都市や鉱山町、軍都など、多くの人が集まる地域の景観変遷をたどることに興味があ ります。具体的な研究テーマは未定ですが、これから様々な経験を積み重ねていく中で、 オリジナリティのあるものを見つけていけたらと考えています。

研究内容

かつて兵庫県養父市大屋町で操業していた明延鉱山の、近代における鉱山町の景観と人 々の生活の様子を、詳細な聞き取り調査を行うことで明らかにしました。また、鉱山閉山 に伴う変化や現在の状況についても調査をし、近現代における変容の過程について考察し ました。


Copyright (C) 2007-2011 Regional geography, Institute of Life and Environmental Sciences, All rights reserved.
omo