筑波大学筑波大学
HOME 分野紹介 スタッフ 院生紹介 活動記録 お知らせ リンク

HOME院生紹介 > 松村 健太郎

院生紹介 (一覧へ戻る)

名前 松村 健太郎(MATSUMURA Kentaro) 学年 М1
出身大学 中央大学商学部商業貿易学科
専門領域 観光地理学 山岳ツーリズム
研究テーマ 山岳・登山ガイド国家資格化と国際化への課題
主なフィールド 中部山岳地域(日本アルプスとその周辺)
主な所属学会 地理空間学会
メール
主な研究業績

―研究発表―

  • 加藤ゆかり・猪股泰広・曽斌丹・岡田浩平・喜馬佳也乃・松村健太郎・山本純・劉博文 2017.筑波山門前町における観光空間の変容と特性(2)-観光施設の経営形態に着目して-.日本地理学会2017年秋季学術大会(於:三重大学上浜キャンパス)
  • 喜馬佳也乃・猪股泰広・曽斌丹・岡田浩平・加藤ゆかり・松村健太郎・山本純・劉博文 2017.筑波山門前町における観光空間の変容と特性(1)-来訪者の特性や交通媒体の変化に着目して-.日本地理学会2017年秋季学術大会(於:三重大学上浜キャンパス)
自己紹介

日本山岳ガイド協会所属の認定登山ガイドです.より山を深く知り,山と人間社会との関わりを広い視野で考えるべく,本大学の新しい「山岳科学学位プログラム」に参画する決意を固めました.ガイドの視点で新たな研究領域を模索していきたいです.

研究内容


Copyright (C) 2007-2011 Regional geography, Institute of Life and Environmental Sciences, All rights reserved.
omo