筑波大学筑波大学
HOME 分野紹介 スタッフ 院生紹介 活動記録 お知らせ リンク

HOME院生紹介 > 有村 友秀

院生紹介 (一覧へ戻る)

 
名前 有村 友秀(ARIMURA Tomohide) 学年 М1
出身大学 東京学芸大学教育学部国際理解教育課程日本研究専攻
専門領域 都市地理学 人口地理学
研究テーマ 人口増減 周辺地域
主なフィールド 鹿児島県十島村 鹿児島県姶良市
主な所属学会 地理空間学会
メール
主な研究業績

―研究発表―

  • 有村友秀 2017.鹿児島県十島村における海上航路変遷の要因と地域変化. 第10回地理空間学会大会(ポスター発表,ポスター賞)(於:筑波大学東京キャンパス).

―学位論文―

  • 有村友秀 2017.鹿児島県十島村における海上航路変遷の要因と地域変化.(東京学芸大学教育学部国際理解教育課程日本研究専攻卒業論文)
自己紹介

研究内容

卒業論文では,鹿児島県十島村の小宝島を扱い,船舶が島民の生活にどのように影響を与え,人口や就業にどのような変化があったのかを考察しました.修士論文では,人口増加の続く鹿児島県姶良市を取り上げる予定です.


Copyright (C) 2007-2011 Regional geography, Institute of Life and Environmental Sciences, All rights reserved.
omo