Formation Mechanism of the Extreme High Surface Air Temperature of 40.9 C Observed in the Tokyo Metropolitan Area: Considerations of Dynamic Foehn and Foehn-Like Wind.

  • Takane, Y., H. Kusaka, 2011: Formation Mechanism of the Extreme High Surface Air Temperature of 40.9 C Observed in the Tokyo Metropolitan Area: Considerations of Dynamic Foehn and Foehn-Like Wind. J. Appl. Meteor. Clim., 50(9), 1827-1841. DOI: http://dx.doi.org/10.1175/JAMC-D-10-05032.1, 2011/09/01(謝辞:S5, S8, T2K学際共同利用)(被引用回数:(web of science:17回 google scholar:28回)) .

要旨: 2007年8月16日に熊谷で発生した40.9℃の異常高温のメカニズムを、観測データの解析と領域気象モデルWRFを用いた数値実験によって明らかにした論文である.この日の猛暑が,先行研究で指摘されている一般的な力学フェーン(乾燥フェーン)によってもたらされたのではなく,地表面からの加熱をともなうフェーンに類似した山越え気流によって形成されたことを,観測データの統計解析,カラム大気のエネルギー解析,ラグランジュ的なエネルギー解析,後方流跡線解析,土壌水分感度実験など異なる様々な手法を用いて示した.

American Meteorological Society(AMS)のページ