気候変動が首都圏の都市気候に及ぼす影響 - 冬季を対象として - .

  • 原政之, 日下博幸, 木村富士男, 若月泰孝, 2010: 気候変動が首都圏の都市気候に及ぼす影響 - 冬季を対象として - . ながれ, 29(5), 353-361. 2010/10/25 (謝辞:S5) (被引用回数:(web of science:0回 google scholar:1回)) .

 過去100年間における全球平均の地上気温上昇は0.66°Cである一方,東京の地上気温上昇は約3°Cである.この違いの原因は,この間に顕著になった都市ヒートアイランドによる影響が大きい.都市ヒートアイランドによる地上気温の上昇は,冬季に最大となる.本研究では,都市キャノピーモデルを含む高解像度領域気候モデルWRFを用いて過去気候の再現実験を実施し,さらに擬似温暖化手法を用いて,SRESA2における2070年代を想定した将来気候実験を行った.これらから全球規模の気候変動が冬の東京都市圏に おける都市ヒートアイランド強度(Urban Heat Island Intensity;UHII)に与える影響を評価した.その結果,気候変動によって,夜間のUHIIは約20%以上強まることが示唆された.

CiNiiのページ
PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。