一般座標系を採用した非弾性近似モデルの開発

  • 西 暁史, 2012: 一般座標系を採用した非弾性近似モデルの開発 .

現在、数値気象モデルに一般的に導入されている地形準拠型座標系(Z*座標系、σ座標系)は急峻な斜面で誤差が大きいことが分かっている。一方で一般座標系は急峻で複雑な地形を導入しても、誤差を小さく計算できることが利点とされている。そこで、一般座標系を採用した気象モデルの開発を行った。また、開発した気象モデルの検証のためにいくつかのテスト実験を行い、既存のモデルに遜色ない結果が得られた。