南岸低気圧接近時に関東地方で発生する冷気層

  • 平田 航, 2012: 南岸低気圧接近時に関東地方で発生する冷気層 .

冬季の関東地方における降雪は南岸低気圧が原因であるものが多い。南岸低気圧通過時に関東平野で局地前線が発生することがあり、その影響により降雪が起こることもある。そこで、南岸低気圧通過時に冷気層が形成された日を抽出し、その気候学的特徴を考察した。またいくつかの冷気層事例に関して、WRFによる再現実験、感度実験を行った。その結果、山岳の遮蔽効果や雨滴の蒸発冷却の効果により冷気層が形成されることを示唆した。


卒論の一部分を基にした以下の論文が地理学評論に掲載されました(2013)。  
平田 航, 日下博幸, 2013: 二つ玉低気圧通過に伴う降水の気候学的研究.地理学評論, 86-4, 338-353. 2013年07月01日 (謝辞:S-8) .