首都圏における局地的降雨の実態と都市の影響調査

  • 大高 早苗, 2012: 首都圏における局地的降雨の実態と都市の影響調査 .

 首都圏で発生する降水に対する都市の影響を調べるため、WRFモデルを用いて三次元理想化実験を行った。「都市なし」「都市あり」「都市効果強化」の3種類 の設定で実験を行ったところ、都市がない場合には首都圏に降水が発生せず、都市がある場合には夕方に首都圏で降雨が発生し、都市の存在が首都圏に降雨をもたらしている可能性が示唆された。