Sensitivity of the WRF Model to Advection and Diffusion Schemes for Simulation of Heavy Rainfall along the Baiu Front.

  • Kusaka, H., A. Crook, J. Knievel, and J.Dudhia, 2005: Sensitivity of the WRF Model to Advection and Diffusion Schemes for Simulation of Heavy Rainfall along the Baiu Front. SOLA, 1, 177-180. 2005/12/03 (被引用回数:(web of science:8回 google scholar:11回)) .

 本研究では、移流項の数値スキームがWRFモデルの計算結果に与える影響を調べた. 数値実験では, 移流項を3次精度風上, 4次精度中央, 5次精度風上, 6次精度中央差分で離散化したスキームでそれぞれ実験を行い, さらに偶数精度のスキームは陽的に拡散を入れることで精度が維持できるかについて検証を行った. 数値実験の結果, WRFモデルでは5次精度風上差分を使用した場合, 最もよい結果が得られることが分かった. また, 偶数精度のスキームは陽的に拡散を入れても, 数値的なノイズに起因する影響が除去しきれないことが分かった.

SOLAのページ
PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。