Proposing the simplification of the multilayer urban canopy model: Intercomparison study of four models.

  • Ikeda, R., H. Kusaka, 2010: Proposing the simplification of the multilayer urban canopy model: Intercomparison study of four models. J. Appl. Meteor. Clim., 49, 902-919. 2010/05/01 (謝辞:S5) (被引用回数:(web of science:8回 google scholar:21回)) .

都市キャノピーモデルとして,最も複雑なレベル4モデル,建物の水平方向の取り扱いを簡略化したレベル3モデル,建物の高さ方向の取り扱いを簡略化したレベル2モデル,レベル3モデルとレベル2モデルの簡略化を両方含むレベル1モデルを開発した.レベル4は都市街区内の気温の日変化を良好に再現した.さらなる相互比較実験の結果,レベル3モデルはレベル4とほとんど遜色のない結果を生み出すが,レベル2モデルとレベル1モデルの場合,天空率が低い場所で再現精度が低くなることがわかった.

American Meteorological Society(AMS)のページ