Trade-offs and responsiveness of the single-layer urban canopy parameterization in WRF: an offline evaluation using the MOSCEM optimization algorithm and field observations.

  • Loridan, T., C. Grimmond, S. Grossman‐Clarke, F. Chen, M. Tewari, K. Manning, A. Martilli, H. Kusaka, and M. Best, 2010: Trade-offs and responsiveness of the single-layer urban canopy parameterization in WRF: an offline evaluation using the MOSCEM optimization algorithm and field observations. Quart. J. Roy. Meteor. Soc., 136, 997-1019. 2010/04/01 (被引用回数:(web of science:53回 google scholar:79回)) .

領域気象モデルWRFには都市キャノピーモデルが搭載されている.この研究は,MOSCEMアルゴリズムを用いて,この都市キャノピーモデルに対する建物高さ,建坪率,緑被率,屋根面・壁面・道路面におけるアルベド,粗度,熱容量・熱伝導係数などの各パラメータの感度を調べたものである.数値実験の結果,屋根面に関係するパラメータの方が道路面に関係するものよりも感度が大きなことがわかった.また,エネルギー収支の計算に対しては,蒸発効率が重要であることが確認された.

PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。