Impact of coupling a microscale computational fluid dynamics model with a mesoscale model on urban scale contaminant transport and dispersion.

  • Tewari, M., H. Kusaka, F. Chen, W.J. Coirier, S. Kim, A.A. Wyszogrodzki, and T.T. Warner, 2010: Impact of coupling a microscale computational fluid dynamics model with a mesoscale model on urban scale contaminant transport and dispersion. Atmospheric Research, 96, 656-664. 2010/06/01 (被引用回数:(web of science:28回 google scholar:49回)) .

領域気象モデルWRFと数値流体力学モデルCFD-Urbanを結合させ,都市スケールの大気汚染物質の輸送拡散シミュレーションに対するこれらの結合効果を調査した. CFD-Urbanモデルの初期値・境界値として都市内のある1地点の観測データを用いた場合のシミュレーションと,WRFモデルの結果を用いた場合のシミュレーションを実施し,両者の結果を比較解析した.その結果,前者に比べて,後者の方が都市スケールの大気汚染物質の輸送拡散をより良好に再現することが示された.

Atmospheric Research - Elsevierのページ
PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。