The effects of land-use alteration on the sea breeze and daytime heat island in the Tokyo metropolitan area.

  • Kusaka, H., F. Kimura, H. Hirakuchi, and M. Mizutori, 2000: The effects of land-use alteration on the sea breeze and daytime heat island in the Tokyo metropolitan area. J. Meteor. Soc. Japan, 78, 405-420. 2000/08/25 (被引用回数:(web of science:75回 google scholar:157回)) .

はじめに,著者らが改良した3次元メソスケールモデルLCM3Dと1985年の土地利用データを用いて,1985年当時の夏季の晴天弱風日の局地気象の数値シミュレーションを行い,地上気温分布と局地風系に関するメソスケールモデルの精度を検証した.次に,1950年と1990年当時の土地利用データを用いて同様のシミュレーションを行い,これらの3つのシミュレーション結果を比較することにより,土地利用変化が都市圏の局地気象変化におよぼす影響を明らかにした.さらには,大気境界層の加熱に対する地面加熱と移流の寄与を定量的に評価し,局地風の変化と気温変化の相互作用についても定量的に明らかにした.

Journal of the Meteorological Society of Japan(JMSJ)のページ
PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。