Thermal effects of urban canyon structure on the nocturnal heat island.

  • Kusaka, H., Kimura, F., 2004: Thermal effects of urban canyon structure on the nocturnal heat island. J. Appl. Meteor. Clim., 43, 1899-1910. 2004/12/01 (被引用回数:48回) .

はじめに,都市気象モデルを用いて,数値シミュレーションを実施し,都市と郊外の地表面熱収支の日変化の違いを調べた.都市は郊外に比べて,日中に建物や道路に蓄えられる熱(蓄熱)が多いこと,蒸発に使われるエネルギーが少ないこと,顕熱が多いことなどがわかった.次に,建物の蓄熱効果を取り除いた数値実験,放射に対する建物効果を取り除いた実験,人工排熱を除いた実験をおこない,これらの効果が支配的となる時間帯が異なることを明らかにした.

American Meteorological Society(AMS)のページ
PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。