Coupling single-layer urban canopy model with a simple atmospheric model : Impact on urban heat island simulation for an idealized case.

  • Kusaka, H., Kimura, F., 2004: Coupling single-layer urban canopy model with a simple atmospheric model : Impact on urban heat island simulation for an idealized case. J. Meteor. Soc. Japan, 82, 67-80. 2004/02/25 (被引用回数:47回) .

著者らが開発した都市キャノピーモデルを2次元局地気象モデルに導入し,都市キャノピーモデルの導入効果を評価した.都市キャノピーモデルを導入すると観測事実同様,日没後も気温は緩やかに低下することがわかった.この結果と,都市と郊外における地表面熱収支の解析の結果から,開発した都市キャノピーモデルを気象モデルに導入することにより,従来難しかった都市の気温の日変化を気象モデルで表現できるようになることがわかった.

Journal of the Meteorological Society of Japan(JMSJ)のページ

PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。