Synoptic-scale climatology of cold frontal precipitation systems during the passage over central Japan.

  • Kusaka, H., Kitahata, H., 2009: Synoptic-scale climatology of cold frontal precipitation systems during the passage over central Japan. SOLA, 5, 61-64. 2009/05/01 .

寒冷前線が日本列島を通過する時の降水パターンを全国型,北陸型,ジャンプ型,その他の4つに分類し,それぞれのタイプの気候学的特徴を調査した.全国型は春季と秋季によく出現し,北陸型は冬季に最も出現し,ジャンプ型は冬季と春季によく出現するなど季節性があることがわかった.それぞれのタイプの移動経路も調査した.全国型の場合,黄海や日本海西部で発生し,その後,北東進しながら日本海を抜けていくパターン,北陸型の場合,全国型よりも北側で低気圧が発生し,東進もしくは北東進しながら日本海を通過するパターンと沿海州で発生し東進していくパターン,ジャンプ型の場合,北陸型の一部のパターンと似ていることがわかった.ただし,北陸型に比べて,寒冷前線が北陸から関東に移動している間に急激に発達するという点で大きく異なることが明らかとなった.ジャンプ型の発生時には関東平野で局地不連続線が多く発生するというさらなる解析結果から,中部山岳の存在と関東平野に形成される冷気層が関東平野への暖湿流の流入とそれにともなう降水を妨げるためにジャンプ型が形成されるというメカニズムが考察された.

SOLAのページ
PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。