Numerical simulation of local weather for a high photochemical Oxidant even using the WRF model.

  • Kusaka, H., Hayami, H., 2006: Numerical simulation of local weather for a high photochemical Oxidant even using the WRF model. JSME Int. J. Ser. B., 49, 72-77. 2006/02/15 (被引用回数:5回) .

領域気象モデルWRFを用いて,関東地方を対象として,夏季の光化学オキシダント高濃度日の局地気象シミュレーションを行った.数値シミュレーションは、海風が関東平野の内陸まで進入した時と内陸まで達しなかった時の光化学オキシダント高濃度2事例を対象として実施された.数値シミュレーションの結果, WRFモデルは、大気汚染研究に広く利用されていた1980/1990年代のシンプルな領域気象モデルでは再現することが難しかった海風が前線を持つ場合と持たない場合の微妙な違いを再現できること,光化学オキシダントの濃度予測に有用なツールとなりえることがわかった.一方で、夜間の都市の気温低下を過大評価するという問題が残されていることもわかった.

JSME International Journal Series B Fluids and Thermal Engineeringのページ
PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。