夜間の2次元局地気流モデルの開発と陸風・斜面下降流への適用

  • 加藤 隆之, 2011: 夜間の2次元局地気流モデルの開発と陸風・斜面下降流への適用 .

二次元局地気流モデルを開発し、湖盆地形における斜面下降流・湖陸風の数値シミュレーションを行った。
洞爺湖の観測値を使用したコントロール実験を行った結果、従来の観測で得られた湖中心への収束構造および盆地内循環が再現された。一方で湖を陸に変更する理想化実験を行った結果、全体が山風に覆われ、観測で得らえたような湖盆地系循環はみられなかった。以上の結果より、湖盆地形内の循環には湖の熱的効果が重要であることが分かった。また、洞爺湖中心の中島の存在も湖盆地形内の収束場所にに影響を及ぼし、無視できないことが分かった。