関東平野内陸域における夏季高温現象の実態調査と形成メカニズムの解明

  • 髙根 雄也, 2009: 関東平野内陸域における夏季高温現象の実態調査と形成メカニズムの解明 .

 関東平野内陸域で発生する高温の実態とメカニズムを調査した。はじめに、関東平野内陸域が極端な高温となる日と、そうならない日の気象条件の違いを明らかにするため、観測値の統計解析を実施した。その結果、極端な高温日と高温日では、気圧配置型や上空の風向・気温等、多くの気象要素に差異があることが分かった。この結果は、地上における極端な高温現象の発生が、ある特定の要因によって引き起こされるわけではなく、複数の要因の重ね合わせの結果引き起こされることを統計的に示している。次に、極端な高温日の事例解析を行った。その結果、2007年8月16日の事例では、連日の晴天で乾燥し日射により加熱された山肌からの顕熱加熱(非断熱加熱)を受けた山越え気流の存在が認められた。そしてこれが地上の高温域形成の一因になっていることが分かった。

本研究の一部については、以下の論文を参照。

修論に関連した以下の論文がInternational Journal of Climatology.に掲載されました(2014)。 

Takane, Y., H. Kusaka, and H. Kondo, 2014: Climatological study on mesoscale extreme high temperature events in the inland of the Tokyo Metropolitan Area, Japan, during the past 22 years. International Journal of Climatology, DOI:10.1002/joc.3951. 2014年2月1日(謝辞:S8, RECCA)

International Journal of Climatology(Wiley Online Library)のページ

修論の一部分を元にした以下の論文がJ. Appl Meteor Clim.に掲載されました(2011)。
Takane, Y., Kusaka, H., 2011: Formation mechanism of the extreme surface air temperature of 40.9 C observed in the Tokyo metropolitan area: Considerations of dynamic foehn and foehn-like wind. J. Appl. Meteor. Clim., 50(9), 1827-1841. 2011年09月01日(謝辞:S5, S8, T2K学際共同利用) .
American Meteorological Society(AMS)のページ

日本ヒートアイランド学会より最優秀論文発表賞を頂きました(2008)。
賞状はこちら