百里基地で観測される霧の発生環境とライブカメラを用いた霧の水平分布

  • 樫原 和則, 2010: 百里基地で観測される霧の発生環境とライブカメラを用いた霧の水平分布 .

関東地方のなかでも霧の発生が多い百里基地周辺において、霧の出現パターンや出現する気象場を調べた。霧の水平分布の把握には、インターネットで公開されているライブカメラを使用する手法を用いた。その結果、内陸で先行して霧が発生するパターンと、海側で先行して霧が発生するパターンに分類することが分かった。前者は、高気圧に覆われているとき、後者は南岸低気圧が通過する前後に多く見られた。百里基地や周辺アメダスの気象データ解析から、内陸で先行して霧が発生するパターンは放射霧、海側で先行するパターンは太平洋から流入してきた海霧であることが分かった。