修士論文(日付は論文提出年度)

2016

  • 猪狩 浩介, 2016: 三次元プリュームモデルに基づく暑熱環境評価モデルの開発 .
    →詳しくはこちら
  • 矢部 優人, 2016: 地形が風下のメソスケールの気象場に与える影響 .
    →詳しくはこちら
  • 清水 麻未, 2016: 熱中症発生に影響を及ぼす気象要素の地域特性と将来予測 .
    →詳しくはこちら
  • 相場 祥平, 2016: 屋内外の移動に伴う気温変化が人間の知的生産性に与える影響 .
    →詳しくはこちら
  • 畔上 泰彦, 2016: 風力発電のランプ現象予測のためのWRFの大気境界層スキーム比較 .
    →詳しくはこちら
  • 2015

  • 静居 竜大, 2015: WRF-LESとひまわり8号の雲画像を用いた沿岸都市周辺に広がる小積雲発生の解析 .
    →詳しくはこちら
  • 荒井 崇嘉, 2015: 内陸盆地都市における気温の日変化と内陸盆地都市における気温の日変化と地形・ 都市の影響 .
    →詳しくはこちら
  • 中村 真悟, 2015: 阿蘇カルデラ内の冷気層の発達と「まつぼり風」の吹走メカニズム .
    →詳しくはこちら
  • 小久保 礼子, 2015: 気象観測・生理測定・心理調査に基づく暑熱環境緩和策の影響評価 .
    →詳しくはこちら
  • 名和 良太, 2015: スカイスポーツ愛好家を対象とした聞き取り調査およびフライトエリアブログ解析に基づくアーベントテルミックの実態調査 .
    →詳しくはこちら
  • 三浦 喜華, 2015: ツーリズムに対する温暖化影響評価 .
    →詳しくはこちら
  • 2014

  • 一澤 智宏, 2014: 関東平野における雨雪分布の形成メカニズム .
    →詳しくはこちら
  • 高橋 一成, 2014: マルチGPUクラスタを用いたLESの高速化と 夜間ヒートアイランドに関する研究 .
    →詳しくはこちら
  • 龔 浩, 2014: Numerical Studies on Multi-period of Urban Heat Islands Effect during Rapid Urbanization: A Case Study of Shanghai, China (1987 - 2014) .
    →詳しくはこちら
  • 柿沼 亜衣, 2014: 北陸地方・北関東地方で発生する高温に対するフェーンの影響 .
    →詳しくはこちら
  • 大高 早苗, 2014: 都市の力学的効果が首都圏の降水に及ぼす影響 .
    →詳しくはこちら
  • 渡邊 慶一郎, 2014: 気象学のLESモデルに基づく次世代の風況シミュレーションモデルの開発:ウィンドファーム内の風況予測に向けて .
    →詳しくはこちら
  • 2013

  • 久野 勇太, 2013: 都市で発生する晴天積雲に対するヒートアイランド循環とサーマルの効果 .
    →詳しくはこちら
  • 広田 陸, 2013: 監視カメラ画像を利用した箱根の霧出現特性の調査 .
    →詳しくはこちら
  • 桑門 遼, 2013: 天気図型別の日本全国霧発生頻度分布 .
    →詳しくはこちら
  • 工藤 風貴, 2013: 近畿地方で真夏日に発生する降水に対する熱的局地循環の影響 .
    →詳しくはこちら
  • 2012

  • 吉倉 智美, 2012: ヒートアイランド強度の風速依存性 .
    →詳しくはこちら
  • 水成 真由美, 2012: 2次元理想化実験による降水に対する海・都市の影響評価 .
    →詳しくはこちら
  • 阿部 紫織, 2012: 日本の温熱環境指標分布の将来変化 .
    →詳しくはこちら
  • 平田 航, 2012: 南岸低気圧接近時に関東地方で発生する冷気層 .
    →詳しくはこちら
  • 西 暁史, 2012: 一般座標系を採用した非弾性近似モデルの開発 .
    →詳しくはこちら
  • 2011

  • 石川 真奈美, 2011: 関東沖に発生する小低気圧の気候学的調査と要因解明 .
    →詳しくはこちら
  • 田中 翔太, 2011: 夏季の岐阜県多治見市における地理的特徴と気候特性の調査 .
    →詳しくはこちら
  • 上野 正博, 2011: 領域気候モデルWRFを用いた関東地方における過去30年間の気温上昇に対する都市化の影響評価 .
    →詳しくはこちら
  • 古橋 奈々, 2011: WRFモデルに対する物理モデル・境界条件のインパクト実験 .
    →詳しくはこちら
  • 加藤 隆之, 2011: 夜間の2次元局地気流モデルの開発と陸風・斜面下降流への適用 .
    →詳しくはこちら
  • 池守 春奈, 2011: 平地における土地利用とサーマル発生位置に関する事例研究 .
    →詳しくはこちら
  • 2010

  • 岡田 牧, 2010: 夏季日中における小規模緑地が周囲街区の気温に及ぼす影響 .
    →詳しくはこちら
  • 小松 美智, 2010: つくば市における2010年夏季・冬季気温分布の実態 .
    →詳しくはこちら
  • 川村 拓也, 2010: 日本海低気圧接近時における局地前線の発生環境について .
    →詳しくはこちら
  • 樫原 和則, 2010: 百里基地で観測される霧の発生環境とライブカメラを用いた霧の水平分布 .
    →詳しくはこちら
  • 大島 一洋, 2010: 20km-AGCMにおける冬季日本周辺域の低気圧活動の再現性および将来変化 .
    →詳しくはこちら
  • 高木 美彩, 2010: 公園規模とWBGTとの関係に関する観測研究 .
    →詳しくはこちら
  • 布和 宝音, 2010: 街区スケールおよび都市スケールから見たつくば市のヒートアイランド .
    →詳しくはこちら
  • 縄田 恵子, 2010: 降水に対する都市効果の検証‐アンサンブル予報の手法を用いた統計解析 .
    →詳しくはこちら
  • 2009

  • 宮 由可子, 2009: 日本の三大都市における過去20年間の猛暑の実態調査 .
    →詳しくはこちら
  • 北畑 明華, 2009: 二つ玉低気圧の分類とその形成に対する日本列島の影響 .
    →詳しくはこちら
  • 高田 智行, 2009: 三大都市圏を対象とした夏季気候の将来予測 .
    →詳しくはこちら
  • 長谷川 創一, 2009: 東京都の詳細な降水分布の実態調査 .
    →詳しくはこちら
  • 髙根 雄也, 2009: 関東平野内陸域における夏季高温現象の実態調査と形成メカニズムの解明 .
    →詳しくはこちら
  • 池田 亮作, 2009: 一般曲線座標系における並列LESモデルの開発 .
    →詳しくはこちら
  • 秋本 祐子, 2009: 日本で発生する霧の気候学的研究 .
    →詳しくはこちら