An Attempt to Estimate of Probabilistic Regional Climate Analogue in a Warmer Japan.

  • Ishizaki, N. N., H. Shiogama, K. Takahashi, S. Emori, K. Dairaku, H. Kusaka, T. Nakaegawa, and, I. Takayabu, 2012: An Attempt to Estimate of Probabilistic Regional Climate Analogue in a Warmer Japan. J. Meteor. Soc. Japan., 90B, 65-74. 2012/06/09(謝辞:S5)(被引用回数:(web of science:3回 google scholar:10回)) .

 温暖化時における地域気候の適応策や緩和策を検討するために領域気候モデルを用いた力学的ダウンスケーリングが有効である。将来予測には様々な不確実性が含まれているため、その要因を明らかにし評価することが重要である。本研究では現在の気候分布から将来の各地域の類似気候を検出する「気候アナログ」をパターンスケーリング手法とブートストラップ法を組み合わせることで確率論的に推定することを試みた。札幌に適用した気候アナログの解析から内の物理過程や力学過程の違いが原因となって引き起こされる気候アナログの不確実性は温室効果ガスの排出シナリオの違いに基づく不確実性や全球モデルの遷移気候感度の違いがもたらす不確実性の大きさに匹敵することが示された。また確率論的な気候アナログの予測は決定論的な予測よりも温暖化時の影響評価研究により適していることが示唆された。

 Regional climate projections associated with global warming are of great importance for the development of mitigation and adaptation strategies but are subject to a variety of uncertainties. This study developed a probabilistic strategy to consider every conceivable uncertainty in a climate analogue with the use of a pattern-scaling methodology and bootstrap resampling. The uncertainty of the regional climate model (RCM) simulations, which is associated with the physics and dynamics of the RCMs, is comparable to the uncertainties due to emission scenarios of the greenhouse gases and the transient climate responses of the general circulation model. Comparison of the projections between the probabilistic and deterministic viewpoints demonstrated a benefit of the former method in applications to impact studies.

Journal of the Meteorological Society of Japan(JMSJ)のページ
PDF(Full Text)はこちらからダウンロードできます。