Welcome to Ueno HP 本文へジャンプ
私なりの地球科学

 ”地球科学”というと皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?岩石、宇宙、温暖化、海洋、地震、恐竜、、。そう、人によって千差万別。理解するための複雑さと奥深さを兼ね備えた”統合科学”だと思います。ここでは私の地球科学像を紹介します。

 私は、昔から飛行機の窓にかじりついて、雲や眼下に広がる大地を観察するのが大好きでした。どこまでも続く森林、人工的な模様の織り成す耕作地、山から流れ落ちる巨大氷河、青い海に聳え立つ積乱雲、真っ白な大地。本当の自然と対面すると身震いするほど自分がちっぽけなものに思え、大きな事にチャレンジする勇気が湧いてきます。

 地球科学に魅了されたのは、中学生の頃に見た“コスモス”という科学ドキュメンタリーでした(NHKの地球大紀行よりずいぶん前の話です、、)。カールセーガン博士が世界の様々な場所で、宇宙や地球の生い立ちを分かりやすく解説する姿に魅了されました。自分も大陸規模の大自然を直感できる分野はないかと考え、自然地理が勉強できる筑波大学に進学しました。その中でも、全球をつなぐ大気と水の運動はあまりにダイナミックで、不可解でもあり、気象学・気候学を専門に選びました。しかし、実際に勉強してみると目に見えない流体現象を定量的に理解することはそう簡単ではありません。理詰めで考えるより現場も出かけるのが楽しく、卒業研究では3年の頃から雪国にスキーを担いで出かけていき、気象学とも雪氷学ともいえぬ自我流の卒論を書きました(詳しくは菅平高原とのかかわり)。”たかが卒論”。しかし、その時学んだ観測経験が、その後の仕事の売りとなり、チベット・ヒマラヤ・中部山岳域での研究活動を推進するための根幹となるとは、当時は夢にも思っておりませんでした。若い頃に磨いた好奇心と実践経験は人生の掛け替えのない宝ですね。

 大学院では”降水現象”をキーワードとしてアメダスデータを使った国内の降水量分布解析、客観解析データを用いた半球規模の循環場解析と対象スケールを広げ、低気圧活動と降水量変動に関するテーマで博士論文をまとめました。当時は、多くの先生方が地理学を基礎にしておられ、大気科学の物理的な側面を勉強するのはほとんど独学でした。いわゆる気象学を学習する観点では、ずいぶん遠回りをしたようです。しかし、降水現象に関してプロットスケールから半球規模まで、観測からデータ解析まで、モデル研究を除いて学生時代に一通りの勉強ができたことが、現在の研究・教育活動における基盤として非常に生きている事を実感します。当時の指導教官であった吉野先生が、”興味を広く持ち土台が広い研究者となりなさい”とおっしゃった事が忘れられません。

 自然の持つエネルギーは絶大です。人間は自然変動に適応し、共存し、あるいは利用して一生懸命生き延びてきました。このあたりまえの現実を、ちゃんと認識できたのは、大学院生時代に恩師である安成先生に推薦していただき、山田先生(北大)のもと、ヒマラヤでの氷河プロジェクトに参加できたおかげです(詳しくはチベットヒマラヤ研究の進展)。日本でも温暖化や気象災害が注目を浴びるようになりました。防災情報や対策に関しては世界でも類を見ない先進国であり、個人が天候変化の脅威を体感することは少なくなりました。その分、暮らしは快適になり良いことなのですが、一方、コマーシャルで流れる”地球にやさしい、、”などのエコ用語を耳にすると、”地球勘違い人間”が増加中ではないかと心配になります。2011年3月に発生しました大震災とそれに追随した放射能汚染は、地球そのものの持つ力とそれに対する人間の判断力の未熟さをを再認識させる機会でした。我々の予期しない現象は山のようにあり、それに対処すべき地球科学的知見は不足しています。

 気候システムは様々な時空間スケールの仕組みが複雑に影響を及ぼし合って成り立っています。プロットスケールの観測では、その一部しか目にする事はできません。広範囲のデータを分析したり数値実験を行うことにより、全体の整合性が明らかとなります。三次元パズルを組み立てていく根気のいる作業ですが、チャレンジャブルで夢のある学問だと思います。衛星観測という新たな”目”が加わり、今まで理屈でしか議論できなかった現象を地球規模で把握できるようになりました。計算技術や数値モデルの進展も目覚しく、モニターに映し出されるシミュレーションはあまりにリアルで驚くばかりです。筑波大学に赴任後は、同じ分野を専門とするすぐれた先生方と肩を並べて切磋琢磨するチャンスの到来でした。いかにユニークで新しい研究ができるか。今までの経験をもとに、”降水、山岳、水循環、陸面過程、観測、雪氷”をキーワードとした研究と日々格闘中です(詳しくは研究活動に関する取り組み)。

 科学と情報が複雑になるほど、個人のもつ自然認識は画一化され、正しく自然を認識する力が衰えるように思えます。私たちは、来る天変地異や地球環境変化に耐えられる判断力や生命力を維持できるでしょうか?地球科学のもう一つの重要な役割は、現場で発生している現象変化を正確に分析し、メカニズムを解明し、世の中に周知していく人材を育てる事にあると思います。自然を正しく理解する事無しに地球と共存することは不可能であり、そのための正しい自然感を人間自らが継承していく努力が必要です。

 四季折々に変化する日本の自然はすばらしく、時として厳しいですね。日本人にはこれらの自然変動にを受け入れる生まれつきの才能があると思います。一方で、大陸に飛び出してみると、日本では体験できない大きな自然に驚き、学際的視野が広がります。同時に、世の中の政治や自然科学に対する認識も刻々と変化しています。海外でのフィールド経験を持つ大気科学者は近年減少の一途です。これからも、現象を正しく認識する姿勢を忘れず、私なりの地球科学像を探求していきたいと考えています。

 皆さんも一緒に現場に出て、世界を視野に入れた地球科学しませんか?


イメージ