地域研究年報

 筑波大学大学院生命環境科学研究科の授業として行われる巡検(野外実験)での調査報告書を「地域研究年報」として発行しています。この報告書は1979年に「霞ヶ浦地域研究報告第1号」として発刊されました。1983年に「地域調査報告」、2005年に「地域研究年報」の名称に改称しました。この巡検調査では一つの地域において2年間にわたり調査を行い、2年目に報告書を作成するという形態をとっています。本文はこのページおよび筑波大学図書館のOPACから全文PDFをダウンロード可能となっています(霞ケ浦地域研究報告1〜4号、地域調査報告5〜26号、地域研究年報27〜現在)