教員紹介

鬼頭 昭雄
KITOH Akio
(客員教授)
所属 気象庁 気象研究所 気候研究部
研究テーマ  将来の全球気候変動予測に使われるのは大気海洋結合モデル(気候モデル)です。気候モデルは将来予測の他に、現在の気候形成メカニズムや年々から数十年スケールの気候変動の研究にも使われます。古気候研究も研究範囲に入っています。

 超​高​解​像​度​大​気​モ​デ​ル​に​よ​る​将​来​の​極​端​現​象​の​変​化​予​測​に​関​す​る​研​究

 気​候​変​動​へ​の​適​応​策​策​定​に​資​す​る​た​め​の​気​候​・​地​球​環​境​予​測​に​関​す​る​
  ​研究

 気候モデルによる気候変動メカニズム解明に関する研究
連絡先 kitoh (*add @mri-jma.go.jp)
個人HP http://www.mri-jma.go.jp/Dep/cl/members/kitoh/cl1kitoh-sjis.html
藤部 文昭
FUJIBE Fumiaki
(客員教授)
所属 気象庁 気象研究所 予報研究部
研究テーマ  地域的な現象(気温や降水の分布、局地風、都市気候など)や、それらの長期的な変動について、過去の観測データを使った実態解明を進めています。また、予報研究部の研究員の協力により、数値気象モデル(気象庁非静力学モデル)を使った研究の指導も可能です。

 顕​著​現​象​の​機​構​解​明​に​関​す​る​解​析​的​・​統​計​的​研​究

 異​常​気​象​・​気​候​変​動​の​実​態​と​そ​の​要​因​解​明​に​関​す​る​研​究

 日​本​の​温​暖​化​率​の​算​定​に​関​わ​る​都​市​バ​イ​ア​ス​の​評​価​と​微​気​候​的​影​響​の
  ​解​明

 超​高​解​像​度​大​気​モ​デ​ル​に​よ​る​将​来​の​極​端​現​象​の​変​化​予​測​に​関​す​る​研​究
連絡先 ffujibe (*add @mri-jma.go.jp)
個人HP http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901057142656523
田中 泰宙
TANAKA Taichu
(客員准教授)
所属 気象庁 気象研究所 環境・応用気象研究部
研究テーマ  大気エーロゾルは黄砂現象や視程の悪化などの原因となり、また地球の気候に様々な影響を及ぼしています。この大気エーロゾルの全球的な影響を知るため、全球の数値モデルの開発と、そのモデルを用いた研究を行っています。

 エーロゾルの分布と変化に関する研究

 大気エーロゾル(特に黄砂現象)の予測に関する研究

 大気環境の予測・同化技術の開発

 風送ダストの飛来量把握に 基づく予報モデルの精緻化と健康・植物影響
  ​評価に関する研究

 吸収性のエーロゾルが地球環境に及ぼす影響の研究

 吸収性エアロゾルが大気・雪氷面放射過程に与える影響のモニタリング
  ​に関する研究

 エーロゾル-雪氷相互作用に関する研究

 北極域における積雪汚染及び雪氷微生物が急激な温暖化に及ぼす影響
  評価​に関する研究
連絡先 yatanaka (*add @mri-jma.go.jp)
個人HP http://www.eoearth.org/profile/Taichu.tanaka/